妹よ

俺には、4つ下の妹がいます。

妹が産まれたときは、お兄ちゃんという立場が物凄く嬉しくて、いつも妹のそばに居たような記憶があります。

天然パーマで髪はクルクル、眼はパッチリしてて、凄く可愛かったんですよ。

妹が初めて立ったときに、母親と父親と「立ったね、立ったねぇ!」って、大喜びしたのを今でも覚えてます。

そんな、何処にでもあるようなごく普通の家族の生活が流れて行くのかなぁと思っていたのですが、やっぱり人生って山あり谷ありなんですよねぇ。

俺が中学1年の1学期、親が離婚しました。

中学1年という年頃からすると、親が別れるという出来事が物凄くショックで…。

がむしゃらに泣いて

「別れないでよっ!」

って一生懸命引き止めました。でも

「お前も大人になったら色んな事情が分かる。今は辛いけど、我慢しろ。」

と言われ、泣きじゃくる俺を静めようと必死な父親。

「大人の事情なんてどうでもいいよっ!」

と、まだ中学1年の俺は、家を出る母親の手を

「行かないでっ!」

と力一杯引っ張りました。

その時、母親に

「真弓をお願いねっ。」

と、言われて自分の事だけで必死だった俺は、妹の存在にハッと気付き、周りを見渡しました。

妹は、テレビを見てました。

この頃、妹は小学3年生。
多分、いつもの夫婦喧嘩にしか見えていなかったんでしょう。

数日後に、妹が

「お兄ちゃん。お母さん、遠くに出掛けたから帰ってくるのがすっごく遅いって、お父さんが言ってたよ。」

「…。」

物凄く辛かったです。
そして、物凄くかわいそうで切なくて…。

多分、父親が、まだ訳も分からず事情を理解できない妹に話をしたんでしょう。

それからは母親の居ない生活が始まり、最初の頃はショックや寂しさから、人と話す元気も無く学校も何日か休んだりもしました。

妹は特に今までと変わらず小学校へ行ったり友達と遊んだり。

時間が経ち、寂しいという気持ちは心の中に有るのですが、徐々に母親の居ない生活に慣れていく自分が居ました。

そして、高校3年のある日。

当時中学2年の妹が、真面目な顔で話をしてきたんです。

「お兄ちゃん…私、学校でイジメられてる。もう、嫌だ…」

「…」

妹は優しさからか、心配をかけたくない、迷惑をかけたくないと、周りに気を使うタイプの人間で、あまり人に弱いところを見せたがらないんです。家族にさえも。

そんな、妹が泣きながら胸の内を明かした事にビックリしました。
しかも、父親では無く俺に。

多分、母親もおらず、父親は仕事で帰ってくるのが夜。
今思えば、一番話しやすく身近な存在が俺だったのかなぁ…?

参観日や面談、PTAの集まりの時に母親の代わりに祖母が出席していたのですが、それを見たクラスの生徒達が「一人だけ婆ちゃんが来てる~」とか「母親が居ないんだってよ~」とかで、コソコソと噂話が始まり、そこからイジメに発展していったみたいなんです。

今思えば、中学、高校と、部活・友達・彼女等に明け暮れて、妹の事はほったらかしでした。

妹がどれだけ寂しくて、孤独で、辛かったことか…。

なんか、すっごく悔しくて…自分に。

今更ですが、お兄ちゃんらしい事をしてやりたいと思い、イジメを知った数日後、当時の担任の先生の所へ妹を連れて相談に行きました。

先生に言えるだけの事は、俺なりにぶつけました。
勿論、妹のイジメを解決する事が第一の目的だったのですが、何だか、自分が妹に何もしてやれてなかった悔しさまでも一緒にぶつけたような気がして…。

妹は、職員室でずっと泣いてました。

それから数年が経ち、俺は結婚することに。

籍を入れて数日経ったある日、妹から結婚祝いが届きました。

気を使わなくて良いのに~と思いながら封を開けると、手紙が。

『お兄ちゃん、結婚おめでとう!私がイジメられてた時、お兄ちゃんが中学校まで一緒に来て先生に話してくれたときはすっごく嬉しかったです。今でも、あの時の事はハッキリと覚えてます。私も早く結婚したいなぁ~、まずは相手を探さなくちゃね。私はお兄ちゃんみたいな優しい人と結婚するのが夢です。お幸せに~』

お兄ちゃんみたいな優しい人と結婚するのが夢…

新婚間もない俺は、嫁さんに泣き崩れる所を見られたくなかったので、二階の寝室に駆け込み、声を殺して思いっきり泣きました。

嬉しさと、何もしてやれなかった悔しさと、色んな感情が涙になって出てきました。

その手紙は俺の『宝物』です。

そんな妹は今、ワーキングホリデーでカナダのバンクーバーに居ます。

元気でやってるかなぁ?

と思い、先日カナダの妹に電話をしました。

「あっ、お兄ちゃーん!久しぶり~。今ね、ルームシェアで色んな国の人達と部屋を分けあってアパートで生活してるよ。みんな、お兄ちゃんみたいな人ばっかりで、楽しいよぉ~!」

妹よ…

人として、大きくなったなぁ。
一人で海外に行き、一人で宿を探し、一人で学校を探し…
正直、今の俺にはそんな度胸は無い、感心するよ。
アパートも、お兄ちゃんみたいないい人達が集まってるみたいで安心したよ。

「でね、特にアメリカ人のジョンがお兄ちゃんそっくりなのぉ~!ヒゲの密度も生え方も、顔の濃さもぉ~!」

妹よ…

今、お前がヘラヘラ話している事は、見た目の話か?お兄ちゃんみたいな人達ばっかりって、内面的な部分ではなく外見的な部分なのか?
そんなはずは無い。
国際電話は聞き取りにくい的なニュアンスで

「えっ?なになに?」

と、聞き返す。

「だから、ジョンってアメリカ人がお兄ちゃんにそっくりなのっ。ヒゲの密度も生え方も、顔の濃さも。笑ったときに歯茎がむき出しになるのは、ちょっとキモいけどね~。しかも、黒人だよ~!」

妹よ…

中学時代にいじめられていた事をもう忘れてしまったのか?
今、お前が兄にしている事は言葉の暴力、すなわちイジメだ。

「多分、ジョンがサングラス掛けたら、お兄ちゃんと見分けがつかないかもっ!」

妹よ…

ジョンと結婚しちまえ。
お兄ちゃんみたいな人と結婚するという夢はすぐに叶うぞ。

「それとね、バンクーバーからアメリカは近いから、この前LAにも旅行に行ったんだよぉ~。そしたらねLAにも、お兄ちゃんみたいな黒人の人がいっぱい居たよっ!めっちゃウケるよね~!」

妹よ…

二階の寝室で流した大量の涙を返せ。

「LAで、お兄ちゃんそっくりの黒人の家族が居たから写真撮ったよぉ~!メールで送るねっ!」

妹よ…

もういい、黙れ。

カフェに行ったら

「learn by doing 英会話シェアハウス」

…なるものの、チラシがありました。

外国人英会話講師と共同生活しながら、英会話レッスンを受けられるんだって!

なにそれ!!
いいなー(*´艸`)ぴかぴか(新しい)

入居したい……

今、実家暮らしだったら、荷物や家具置いたまま気楽に入居もできるかもだけど、部屋借りてるわけだからなぁ…

でも魅力的ぴかぴか(新しい)

留学せずして同じような環境が手に入るっぽいぴかぴか(新しい)

金銭面も計算してみなきゃだけど…それにしても、ちょっと考えてみたい新たな道だー☆

こういうのって、出会いとかもあるのかな。
英会話教室とかで出会って恋に落ちるとかって・・・

山Pと石原さとみのドラマみたい。

話はそれるがあれは山Pがストーカーにしか見えないのは私だけか。
堀北真希の旦那さんになった山本耕史もそう。

積極的にガンガンいっても良い男性と、一歩間違えたら
ストーカーにしか見えない男性って紙一重なのね。

平穏

今日は告白を読んでいたよ。

最近は、やっているドラマがまったく面白く無くて
本を読む時間も映画やDVDを観る時間もいっぱいあるし

王様のブランチで紹介していたとき「HIV患者の血液を飲ませる」
という部分があまりにも衝撃的だったので読んでみたよ

殺された先生の子供が可哀想だったのは当たり前なのだけど
殺した生徒の生い立ちがとても悲しくて泣きそうになってしまった

それにしても
本が買えるお金があって
自由な時間がいっぱいあって
毎日とっても平穏で
まるでおじいさんになってしまった気分

でもこういう幸福が長続きしたためしがなく
この前受けた血液検査の結果をまだ聞いてない
ということを思い出してちょっと不安になったのだけど

友人だと思っていた人には30万円も持って行かれ
怖いヤクザ的な人達には100万円も持って行かれ
そんなこんなで膨らんだ500万円以上の借金を一生懸命返したのにも関わらず
プロポーズした相手が人妻だった
というこんな10年ぐらい続いた不幸な過去があるのだから

せめてあと10年くらいは
こんな平穏でおじいさん的な毎日が
続いて欲しいなぁ

胃が痛い

最近はご飯を食べた後も
何も食べていない時も胃が痛い…。

せっかく美味しいものを食べても
あんまり美味しくないものを食べても
食後には決まって胃薬を飲むので
結局苦い胃薬をお腹いっぱい食べた感じでとっても気持ちが悪い

ググってもググっても
ストレスのせいとか
年齢のせいとか
胃炎とか
十二指腸潰瘍とか
怖いワードがいっぱい出てくるし

胃薬を飲んでも胃腸薬を飲んでも
あんまり良くならない気がするので
日頃の好き嫌いばかりの生活を見直すようにしているよ

焼肉も行かないし油物も控えているし
ラーメンとかもあまりよくなさそうだからやめたし
聞いている方が恥ずかしくなるような日本人のラップだって聞いた
ほっともっとのとっても美味しそうなビーフステーキ弁当も我慢したし
苦手なモノマネ番組だって我慢して観た

こんなに好き嫌いを直したのだから
そろそろ胃が元気になってもいいと思う

明日は悲しい顔をしながら
わかめごはんでも作ろう…

なんだかな

今日は以前に録画しておいた幸せになろうよを観たよ。

それにしても
美男美女ばかりで現実味がまったくないドラマだね

もう少し
可愛い子役に踊らせてみたり
可愛い犬にしゃべらせてみたり
主人公を過去に飛ばしてみたりすれば
もっと面白くなるのに

そもそも
あんな美人が結婚相談所なんかに行くわけがないじゃないか
きっとああいう美人を目当てに
ドラマに影響を受けやすいタイプの人達が
結婚相談所に入会するんだ
あんなところがあったら紹介して欲しいくらいだね
あんなところがあったら是非紹介して欲しい!

そういえば
今日は脳外科医になって手術をしている夢をみたよ

なぜか僕を含めて4人の医者が手術をするのだけど
他の医者に苛められて泣きそうになりながら手術をしたよ

道具の使い方は教えてくれないし
狭いから肘でグイグイやられたし
他の医者に手際の悪さをクスクス笑われたけど
それでも頑張って手術をしたよ
結局メスで自分の指を切ったところで目が覚めた
というひどい夢…

先週からとってもストレスになる
面倒で大変な仕事が入ったせいで
左眼の下のまぶたのぴくぴくがずっと治らないけど
静岡産の美味しいお茶をいっぱい飲んだので

少し元気になった
そんな日。

ベッドの物語

子供のころに僕の両親が使っていたベッドは、

マットレスのやわらかいダブルベッドでした。

このベッドを選んだのはベット派の父だったようで、

畳に布団派の母はベッドから掛け布団が落ちる!とか

マットレスがやわらかすぎて腰が痛くなる!とか

父が寝返りをうつとマットレスが揺れて気になる!

などなどの苦情を父に訴えていました。

夫婦の力関係によって寝床がベッドだったり

畳に布団だったりと何度も入れ替わりましたが、

同じ部屋で眠ることだけは変わることがありませんでした。

母の権力が強い時期には幼い僕は

両親のダブルベッドの上でトランポリンのように

ぴょんぴょん飛び跳ねて遊ぶことができたのです。

そして、このベッドでの儀式で僕が生まれたはずです。

大学生になった僕が初めてセックスをしたベッドは、

地元にある古いモーテルにあった

丸い回転ベッドでした。

枕元に回転のスイッチがあってラウンドごとに

右回転左回転と切り替えながら

朝までセックスをやり続けました。

この部屋は鏡の多い部屋で天井まで鏡、

鏡に写るのはガッつくようにセックスする男女、

自らの姿を見ながら腰を動かしました。

最近、回転ベッドや鏡張りの部屋に

巡り合えなくなったのは新風営法で、

禁止されたからだそうです。

そして、この彼女に僕はセックスしか求めていなかったのが原因で、

逃げられてしまいました。

僕が結婚を決意してから買ったベッドは、

シモンズ社のダブルベッドでした。

家具店を何件もはしごして、

展示されているベッドに寝転んで目を閉じたり

寝返りをうってみたりもしました。

嫁(この頃は婚約者)も一緒に家具店へ連れて行き、

恥ずかしがる嫁を無理矢理に展示してあるベットに寝させて

僕が嫁の上に乗って腰を動かして疑似セックスもしてみました。

『んー、じゃあ!今度はオレが下になるから上に乗って!』と嫁に言うと、

無視されました。

これが初めて嫁に無視された瞬間です。

しょうがねぇーな!と思いながら展示されているベッドに

僕一人、仰向けに寝て嫁が上に乗っているのを

イメージして腰を動かしてみました。

国内メーカー海外メーカー何社かのベッドで、

硬いマットレスからやわらかいマットレスでも腰を動かした結果、

いい感じにセックスが出来そうなベッドはアメリカのシモンズ社で、

マットレスがやわらかいベッドでした。

腰が動かしやすく寝返りを打っても

お互いに気にならないようなスプリングで

マットレスがやわらかいのでうつ伏せに寝ても気持ちよく寝れると感じました。

でも、価格は一番安いダブルベッドの約2倍、

「シモンズのベッドは価格は高いけど長持ちするので、ホテルで使われているベッドはシ

モンズ社のベッドが多いです。旦那さんのように元気な方でも長持ちしますよ」

と家具店の販売員のおじさんも勧てくれたので、

このベッドに決めました。

そして、注文したベッドが配達される前日に僕の父が死にました。

どろどろっとした関係に終止符を打つという事

付き合ってもいない、体だけの男女の恋愛関係・・・

それは、どちらかが、偏っていて、どちらかが、それに満足していない形だったりする。

勿論、お互いがその形を望んでいる場合もあるし、恋愛なんて、他人には分からないものである。

どこかのブログか何かで見たんだけど、【自立】って言うフレーズがキーパソンであり、男性も女性も自立した恋愛関係って言うのが望ましいらしい。

いわゆる、もたれない関係。

彼がいないと、生きていけない。
彼女がいないと、生きていけない。

こういった状況こそが、どろどろっとした関係に繋がるもとだという事。

なるほどな。と言葉をかみ締めるわけだけども、今日も求める。

体の相性が良い?

女性側の気持ちは手にとるようにわかり、それを楽しんでいる自分。
きっと悪い事をしているんだろうなと言う、罪悪感

それがまたエクスタシーに変わってる事に気づいているのに、気づかないふり。

うーん、こういうのが不倫が途絶えない習慣なんだろうな。と真剣に考えてみる。

不倫、浮気。

少し性癖じみたものだけど、その快楽に皆覚えれていくわけだ。

でも、現実はそう甘くない。

悪い事をしたら、きちんと鉄槌を与えねばなるまい。

浮気や不倫は100%ばれない。と言えないわけだから、いずれかはばれるという言葉に置き換えれる。

ばれたらどうなるのか?

そこを考えて、浮気や不倫をする人はなかなかいない。

ただ、ばれたら、かなり危険と言うことを頭の片隅に入れておくだけでも、抑止に繋がるはずである。

別れたいのに、なぜ別れられないんだろう?

彼氏の浮気調査を依頼される女性は大半

『いい彼では無いことをわかっているのに
離れられない。別れられない。』

と、言います。

依頼の内容は彼氏の浮気調査です。
ですが、ほとんどの方は

浮気をしていること
浮気相手の特定

わかっている方がほぼなのです。
なぜ、彼の浮気調査をするのでしょうか。

彼氏の浮気調査を依頼された方方々の話によりますと

『彼に利用されているように感じているんだけど
結局、会ってしまうと《好き》と言う気持ちが
盛り上がってしまう。。。』

『他に遊んでいる女性がいて、その女性との関係を
問い詰めると
彼は、いつも上手に言い訳をしてきて、結局丸め込まれてしまう。』

『彼の話は、辻褄が合わないことばかり。』

『結局は、彼のことが好きだから許すしか無い。』

『ずっと、騙されてしまうのは嫌だ。彼の嘘を見抜きたい。』

別れる理由を探す人、
彼の事を信じたいのにあら捜しをしてしまう人、
知りたくないのに知らないと気がすまない人、

彼の事を知りたいなら
正面から聞いたって本音を話すことはないのですから
彼にバレずに素行確認をしていくこと!
彼の考えは、すべて行動に現れるのですから。

浮気をやめさせたい | 浮気調査を神戸でお探しなら女性のだけの探偵興信所

プロフィール

はじめまして、こんなサイトを立ち上げて、何をしようというのか。

今年38歳になるのですが、浮気、不倫、ギャンブル、どん底人生へ、たこ部屋暮らしからの、地方を転々としてきました。

そんな自分の過去を振り返りたいと思い、こんなブログを立ち上げました。

今現在は、会社を経営し、タイミングが良かっただけですが、軌道に乗ることも出来、まぁまぁ、良かったなぁ~と。

でも、そんな自分が今あるのも、昔があるということで、自己満足日記にはなりますが、ちょこちょこっと書いていきたいと思ってます。

38歳にも、なれば結婚しても・・・と思いますが、独身です。
×もついていません。

結婚を約束していた人も居たんですがね・・・

それはまた後々のお話。

実は自分は20歳で一度会社を個人ではないですが、共同といった形で経営をしておりました。
まぁ、ブラックな会社で、ブラックな職種でしたが、若かったから出来た。
でも、その経験があったからこそ、全うに生きようとも、おもいました。

今日はこの辺でまた書きますね。